「撮ったらすぐに投稿したい」 SNSに「ダイレクトアクセス」ニコンのデジカメ「COOLPIX S800c」

印刷

   SNSに近況や大事なことを報告する際に使用する機能のトップは「写真」――そんな「写真」にこだわるSNS利用者の様子が、ニコンがWi-Fi対応カメラ「Nikon COOLPIX S800c」の発売を記念しておこなった「SNSと写真」に関する実態・意識調査により明らかになった。

   調査によると、SNSで近況報告、大事な報告をする際に、使用する機能のトップは「写真」で全体の38.6%を占める。また、SNSをはじめてから写真にこだわるようになったという人が3割近くおり、撮った写真はSNSに「1分以内」に投稿したいという意向が強いようだ。

専用機ならではの高画質と写メのスムーズさを両立

「SNSにダイレクトアクセス可能」なデジタルカメラ
「SNSにダイレクトアクセス可能」なデジタルカメラ

   ニコンが2012年9月27日より発売開始した「Nikon COOLPIX S800c」は、Android(アンドロイド)OS搭載で、Wi-Fi対応により「SNSにダイレクトアクセス可能」なデジタルカメラだ。

   1602万画素の裏面照射型CMOSセンサー、光学10倍ズームのNIKKORレンズなどの装備で、専用機ならではの高画質を実現しつつ、このきれいな写真・動画を、スマートフォンのような操作感と無線インターネット接続により、「写メ」感覚でSNSなどへスムーズに投稿できる。

   ニコンが提案するデジタルカメラの新たな楽しみ方、「撮る」「見る」「つながる」「楽しむ」をまさに実現する1台だ。

   この新たな楽しみ方は、25日からテレビ放映中の新CM(15秒、30秒)でも確認できる。

   ニコンが調査の対象としたのは20歳から50歳までの男女1000人で、調査期間は3日から5日。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中