CAのスカーフ「ピンクに統一」 JAL、乳がん早期発見啓発フライト

印刷

   日本航空(JAL)は2012年10月17日、乳がん早期発見の重要性を訴える「ピンクスカーフフライト」を行った。毎年10月に行われ、JALグループが04年から協力している「ピンクリボンキャンペーン」の一環。

「ピンクリボンキャンペーン」の一環で、自己検診法カードも配布

客室乗務員はピンクのスカーフを着用し、搭乗ゲートのスタッフ(中央2人)はラウンジ用のピンクの制服で乗客を見送った
客室乗務員はピンクのスカーフを着用し、搭乗ゲートのスタッフ(中央2人)はラウンジ用のピンクの制服で乗客を見送った

   通常、客室乗務員(CA)はピンク、ブルー、グリーンの3色からスカーフを選ぶが、今回のフライトではピンク色に統一した。また、羽田空港の搭乗ゲートでは、係員がラウンジ用のピンク色の制服を着用し、乗客に自己検診法が書かれたキャンペーンカードを手渡していた。

   フライトには乗客339人が乗り込み、9時30分頃、福岡空港に向けて出発した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中