2020年 10月 1日 (木)

霞ヶ関官僚が読む本
「時代の狂気」にどう対処するか 幕末藩士の生き様にみる「覚悟」

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

卓見の策がなぜ…

   航海遠略策は卓見であり、雅楽の切腹は、司馬遼太郎の指摘の通り、時代の狂気による圧殺というほかない。本書の後半に、東上する雅楽が、藩主に和宮降嫁反対を説くために西下する周布と出会う場面がある。周布は、航海遠略策による公武周旋について「昨日の善も明日の悪に変わる時勢じゃということの上に立って、今一度考え直してみたい」と言う。雅楽は「これは貴殿が真先に主張したではござらんか」と非難して喧嘩別れとなるが、この応酬は興味深い。周布は、政治には時として理性で説明できない凶暴な流れが生ずるものであり、これに抗うことはできないと言いたかったのだろうし、雅楽は、時流だからといって、内容・手続きともに完璧な正論を捨てて敗戦必至の破約攘夷に宗旨替えするなど非常識であり無責任だと言いたかったのであろう。因みに、雅楽自刃の翌年、禁門の変の責任からか、周布は自決している。

   手元にある本書の奥付をみると1985年6月とある。以来時々読み返すが、そのたびに雅楽への思い入れが強くなるような気がする。

経済官庁(I種職員)山科翠

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

【霞ヶ関官僚が読む本】 現役の霞ヶ関官僚幹部らが交代で、「本や資料をどう読むか」、「読書を仕事にどう生かすのか」などを綴るひと味変わった書評コラムです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!