マックでうろたえるギャル 「消えたメニュー」に叫ぶ

印刷

   これまでGRPが調査した「放課後によく行く場所ランキング」や「よく行くファーストフード店ランキング」で1位に選ばれている、マクドナルド。

   そんなギャル達から支持を集めるマクドナルドが、10月1日(2012年)にレジカウンターに置かれていたメニュー表を廃止しました(その上で、大型のメニューポスターなどを導入)。どうやら、1年以上慎重に検討した結果でスピード・オブ・サービスを意識してとのことですが、ギャル達はこの対策をどう感じでいるのでしょうか?

「携帯で事前に確認すれば問題ないっしょ!」

涙、涙、涙…
涙、涙、涙…

   早速、GRPで調査を行うと、このような意見を聞くことが出来ました。

   まず賛成派の意見としては、

『レジ前で悩まないで済むようになった!混まなくていいと思う』
『時間短縮出来るから賛成!携帯で事前に確認すれば問題ないっしょ!』
『前の人の注目が遅かったりすると多少のストレスがあったけど、今は変なストレスもなくスムーズ!』

といった声が挙がり、当初の目的である待つストレスの軽減を図ることが出来、内容を事前に決めることでスピーディ&迅速的に注文出来ることをプラスに感じている層がいることが分かりました。

   しかし、この意見は残念ながら約10%とごく僅かで、残りの約90%のギャル達は、このNOTレジカウンターメニュー表対策にかなり困惑を隠せないのが現状のようです。

   そんな困惑ギャル達の意見がこちら。

『メニューに何があったか分からなくて超困る。いつも注文するのは覚えているけど、他に何があるか分かんないから、結局定番を頼むことになる』
『ウチは視力が悪いからレジ上のメニューボードだけだと見づらいの。結局並んだレジで友達に聞いたりして、余計に時間かかったなぁ』
『メニューがなくなったの知らなくて、店員さんに何があるか聞いちゃったよね。前と比べたら…!?更に時間かかったよ…』

「カムバック!!」

   といったように、スピード・オブ・サービスという恩恵を受けるどころか、不便・頼みにくい・見づらいといった声が集まり、日本でも永きに渡って続いてきたこの形態の変化をギャル達は受け入れられていないようです。中には、メニューが見やすいドライブスルーを「エア車」(徒歩?)で利用したい、なんて声もありました。

   では、そんな困惑ギャル達は今度どのような対策があれば、納得ギャルへと変わるのでしょうか。マック好きのギャル達の打開策はこうなりました。

   ギャルA『ポスターみたいに壁にメニューを貼るのはどう?しつこいぐらいに(笑)』

   ギャルB『ちょ!それ、逆に目がチカチカしそう(笑)』

   ギャルC『お店の外に超巨大看板は!?』

   ギャルB『アリかも~!って、邪魔じゃね!?そこにお客さんが溜まりそうだし!却下!』

   ギャルA『じゃあ、エプロンにメニュー表がプリントされてるとかは?(笑)』

   ギャルB『エプロン!?店員さんのエプロン、ガン見とかちょっとセクハラでしょ(笑)マックはスマイルで十分だから!』

   ギャルC『分かった!いっそのこと、iPadとかのタッチパネルで注文出来るようにして、人のいるレジをなくすのは!?』

   ギャルB『お!キタコレ!!』

   ギャルA『タブレット端末で注文して、それが直接キッチンに伝わったら最高じゃん!でもって、その端末で自動でお金の受け渡しが出来たら、人件費削減にも繋がるし!』

   ギャルC『テンアゲ!頼むのも楽しくなりそうだし、ストレスもない!やびゃぁー!』

   ギャルA『でも、開発するのに膨大なお金が…?!。やっぱり、メニューよ、カムバック!!』

   ギャルB『って!!ここまで話した意味ないじゃん(笑)』

メニュー前に悩むのも楽しみのうち?

   このように、以前のメニュー表をiPadのようなタブレット端末にすることで、自分の好きなメニューを分かり易くスムーズにセレクト出来、ストレスなく注文することが出来ると言います。確かに、タブレット端末でスマートにオーダー出来たら、現在のようにどういった商品があるのか思い出すような行為がなくなるし、外国語対応では海外のお客もスムーズに便利に注文出来そうですよね。

   とは言え、以前のようにレジカウンターに置かれているメニューを復活させて欲しいという気持ちが大前提にあるようです。

   思い返してみると、レジ前で友達や彼氏、家族などとメニューを指差しながら決めたり、美味しそうな商品が掲載されたメニューを前にどれにしようと悩んだりするのも、ある意味、マクドナルドでの楽しみの一つだったのではないかと感じてしまいますね。

   果たして、マクドナルドの決断は吉と出るのか、凶と出るのか。

   今では、手に取れる小さめのメニューを置いたりもしているようですが、「お客様は神様」といった言葉があるように経営施策だけではなく、今、何が求められているのか、是非、消費者の声へ更に耳を傾けて欲しいです。

GRP編集長・まぁ~さ

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中