2018年 7月 22日 (日)

中国の「ピカチュウ」怖すぎる! 現地でも「思い出秒殺」と抵抗感

印刷

   まずは、先入観なしにこの「ピカチュウ」の画像をご覧いただきたい。

ポケモンじゃなくて単なるモンスター…

「ピカチュウー」???
「ピカチュウー」???

   おわかりいただけただろうか。やけにリアルな二重の目、細かい牙の生えそろった口元、バランスのおかしい体格など、あまりにも怖すぎる。というより、これをピカチュウと呼んでいいものなのかどうか。

   この「ピカチュウ」は、中国・浙江省で2012年9月30日~10月5日にかけて開催された第5回「温州国際アニメフェスティバル」に登場したものだという。1000人のコスプレイヤーが参加するなど、かなり大々的に行われたイベントだが、問題の「ピカチュウ」を製作したのが一般参加者なのか主催側なのかは今のところ判然としない。写真を撮影したのは一般来場者らしく、そのできばえに思わず中指を突き立ててしまっている。

   同フェスでは、ほかにもかなりインパクトのあるキャラクターのオブジェが並んでいたらしく、ネット上では張りぼて感に満ちたアニメ版ポケモンの主人公・サトシたちや、なぜか肌が金色の漫画「NARUTO」の登場人物たちなどの写真が公開されている。

中国人「これはピカチュウじゃない…」

   ニュースサイトやブログを通じてこれらの写真が紹介されると、さすがの中国ネットユーザーたちからも悲鳴じみた声が相次いだ。

「これはピカチュウじゃない…これはピカチュウじゃない…」
「どんな病気にかかったピカチュウだよ?」
「子どものころの思い出が秒殺される」

   日本のネット上でも話題を呼び、「これだと完全に化けもんだろうが!」「確かにこれはモンスター。いや、これぞモンスター。中国が正しいのかもしれん」と、もはや感心半分の呆れ声も上がっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中