「本気じゃないとイヤ」と赤裸々ギャル 建前の「いいね!」なんていらない

印刷

   SNSサイト・フェイスブックの機能上にある「いいね!」ボタン。

   友人の恋人、仕事先の上司や後輩などがのつぶやきやニュース投稿に対し、この「いいね!」ボタンを押した経験がある人は少なくないのではないでしょうか。

   では、この「いいね!」ボタンを押す際、あなたはどういった心情で押していますか?

FBのボタン「7割は『建前』で押す」

本気なの?
本気なの?

   と言うのも先日、J-CASTニュースでこんな記事を見つけました。「フェイスブックの『いいね!』 7割は『建前』で押す」(2012年11月13日配信)。野村総合研究所が開いたフォーラムで報告された調査結果だそうです。

   どうやらこの記事によると、ユーザーがフェイスブックで「いいね!」ボタンを押す際の心情としては、

■書き込みを見たという意味合いで押す・・・30%
■「本気」で押す…27%
■理由なし…20%
■相手が「いいね!」を押してくれたことへのお返し…11%
■相手が上司などの時に押す…10%

といったように、理由なしの人を合わせると約7割の人が建前で「いいね!」ボタンを押していることが明らかとなったようです。

   では、ギャルの場合はどうなのでしょうか。

「もし、建前だったらマジ萎えるんですけど…」

   そこで、GRPで同調査を実施してみると、

■「本気」で押す…39.8%
■書き込みを見たという意味合いで押す…25.9%
■理由なし…21.6%
■相手が「いいね!」を押してくれたことへのお返し…12.2%
■相手が上司などの時に押す…0.5%

といった結果が表れ、先の調査では「書き込みを見たという意味合いで押す」人が1番多かったのに対し、ギャルで最も多かったのは、本気で「いいね!」と思って押す、でした。

   では、本心から「いいね!」と思って押しているギャル達は、建前で「いいね!」を押すこの行為に対し、どのように感じているのでしょうか。

   引き続き、ギャル達に意見を聞いてみました。

   ギャルA『何で建前で押す必要があるの!?ウチ的にはありえないなぁ~。何か、友達に気を遣ってるみたいじゃない!?』

   ギャルB『ウチも本当に「いいね!」って思った時しか押さない!そういえばこの間、「彼氏出来た」ってつぶやいたらバイト先の10個上の女の先輩が「いいね!」押してきたんだけど、これも建前とか!?(笑)』

   ギャルC『もし、建前だったらマジ萎えるんですけど…。あとあと「いいね!」じゃない内容に「いいね!」押す人っているよね!そういうのって心がこもってない感じがしちゃうなぁ…。気を遣ってくれたのかもしれないけど…』

SNSでも真の気持ちで接したい

   といった会話を聞くことが出来、ギャル達にとっては建前で「いいね!」を押すこの行動は、気を遣って取ったコミュニケーションの一部で、かえっておとなげないと受け取られていることが分かりました。また、押される側としても本当に「いいね!」と思った時に押してもらいたいと考えているようで、建前で押す行為は、ギャル達には歓迎されないようです。

   それには、気を遣わないコミュニケーションこそ仲間意識や結束力を高められる行為だと思っていることや、ブログ上で彼氏とのデートの様子を公開、本来ならば隠しておきたいはずの自分のコンプレックスや失敗談なども赤裸々に告白していることなどが関係しているようです。SNSサイト上においても、ギャル達は真の気持ちで接したいという想いが人一倍強いからだと言えそうです。

   つまり、SNSサイト上でライフスタイルを赤裸々公開するギャル達にとって、この「いいね!」ボタンは、軽々しく押すものではなく、かなり大きな意味合いを持っていると言えるでしょう。と言うことは、相手が喜んでくれるかもしれない!と、建前で「いいね!」ボタンを押していても、ギャル達にとってはタブー行為だと受け取られてしまう可能性もあるのかもしれません。

GRP編集部 ミリにゃん

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中