2018年 5月 25日 (金)

「萌え怖い」怪談朗読「ヒィィィ!かりTV」第2弾 「カオスヘッド ノア」声優が1話ずつ

印刷

   声優による「萌え怖い」怪談朗読コンテンツ「ヒィィィ!かりTV」の第2弾が、2013年1月8日から配信される。NTTぷららの映像配信サービス「ひかりTV」が行うもので、今回はアニメ化もされた科学アドベンチャーゲーム「カオスヘッド ノア」とタイアップし、「カオスヘッド ノア 2.5D」を提供する。

第1話と第2話は特設サイトで無料視聴できる

「ヒィィィ!かりTV」第2弾
「ヒィィィ!かりTV」第2弾

   物語は2009年の渋谷が舞台。連続猟奇殺人事件「ニュージェネ事件」が発生し、メディアは連日その異常性を報じていた一方、渋谷を訪れる若者は事件をフィクションのように語り楽しんでいるかのようだった。しかし、そんな若者の日常にも密かに狂気が這い寄ってくる――。

   「カオスヘッド」と同じくアニメ化もされたゲーム「シュタインズゲート」のシナリオを担当した林直孝が監修した。朗読する声優は、「カオスヘッド ノア」の加藤英美里、宮崎羽衣、生天目仁美、榊原ゆい、たかはし智秋の5人で、それぞれ1話ずつを担当する。第1話と第2話は、特設サイトで無料視聴できる。

   「ひかりTV」はネットを通じて、映画やアニメなどをテレビやスマートフォンなど複数のデバイスで視聴できるサービス。「テレビサービス」では専門チャンネルやBSデジタル放送など最大94チャンネルを提供し、ビデオサービスは「業界最大規模」の約8000本が見放題となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中