2021年 6月 14日 (月)

二股騒動も結局「メデタシメデタシ」 2012年芸能界を振り返る(上)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2012年最後の原稿は、コスプレを離れ、芸能界の動きを振り返る。

   今やタレントの伝達機関の一つになったブログ。近年、ブログを通じて結婚を発表したり、離婚を報告したりするなどタレントのブログ利用の価値が高まっている。ファンが多くみれば広告費が手元に落ちる。まさに一石二鳥。タレントのブログはご本人の広報や広告宣伝の役割をも担う重要なアイテムなのである。そのブログで、タレントほしのあき(35)らタレントがペニーオークションで落札していない商品を落札したとウソの記述をしていた。

   ほしのはブログで「軽率だった」と謝罪しているが、軽率で済まされる問題ではない。30万円の謝礼をもらっていれば、「詐欺の片棒を担いだことになる」と言われても仕方ない。

これぞ、ザ・芸能界!

親族の「生保」問題で注目を浴びた河本準一さん(12年5月撮影)
親族の「生保」問題で注目を浴びた河本準一さん(12年5月撮影)

   「現在報道されている二股は事実です。お二人と結婚の話をしたことも事実です」。笑えたのは、二股騒動。二股先輩のジャーナリストの山路徹氏が二股評論家に転身するなど、最後にはお笑い状態。国際的モデルの冨永愛(30)と料理研究家の園山真希絵(33)を手玉に取った俳優の塩谷瞬(30)は、一時「女の敵」とまで言われていた。しかし今では愛嬌ある「ろくでなしタレント」という評価に変わり、一躍人気者に。後遺症ゼロ。

   二股にかけられた園山が「バカであほな男」と告白したが「ダメであほな男」を相手にした園山もどっちもどっち。結局、無名だった塩谷、園山も名前が売れ、冨永はバラエティーへの出演が増えてメデタシメデタシ。これぞ、ザ・芸能界!

   小林幸子の騒動は、紅白落選につながった。そもそもプロダクションの女性社長は小林の大ファンから当時の小林所属のマネージャーになり、一緒に独立している。まさに二人三脚で小林を支え、結婚しないで青春を小林に捧げた。

   紅白に豪華衣装や舞台装置化した衣装を持ち込み、「おもいで酒」以外にヒット曲のない小林を連続出場させ続けた大功労者。その社長を経費の使い込み疑惑をかけた挙句、功労金を「結局、金が目的」とメールを送りさらに不信感をつのらせた。金をケチったためにタレント生命に致命的な傷を負った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!