「iPhone 5Sは13年6月発売、カラバリ6~8色」 アナリスト予想にメディア騒然

印刷

   iPhone(アイフォーン)5S、発売は2013年6月か――そんな観測が、海外メディアで相次いで報じられている。

   投資銀行「ジェフリーズ」のアナリスト、ピーター・ミセック氏の予想として、米「フォーチュン」や「ロサンゼルス・タイムズ」などが現地時間2012年12月10日、伝えた。ミセック氏はこれまでにも、アップル関連の予想を発表している。

iPadにはIGZOディスプレーも?

カラフルなアップル製品といえば、第5世代「iPod touch」。iPhoneにもこうしたカラーバリエーションが登場するのだろうか
カラフルなアップル製品といえば、第5世代「iPod touch」。iPhoneにもこうしたカラーバリエーションが登場するのだろうか

   これまでの報道では、次期アイフォーン「5S」は9月に発売されたばかりの「5」とそうスペックの変わらない、いわばマイナーチェンジ版に留まるとの見方が強かった。しかしミセック氏はこれに異を唱え、5Sはアイフォーンとしてはこれまで例がない6~8色のカラーバリエーションや、従来のRetina(レティナ)ディスプレー(1136×630ピクセル)を超える「スーパーHD」画面を導入する――と予測する。

   スマートフォン業界では5インチフルHD(1920×1080ピクセル)の「HTC J butterfly」が12月に日本発売されるなど、「超高解像度」時代が到来しつつある。アップルが即応を目指すことはありえないシナリオではない。

   ミセック氏は第5世代iPad(アイパッド)も同時期に発売されるとの推測を示している。こちらにはシャープが開発した「IGZO」ディスプレーが使われるのでは、との読みだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中