年賀メールも衰退傾向!? ギャルの新年あいさつ、主流はコレ

印刷

   日頃お世話になっている方々に対して欠かせない、新年の挨拶。

   では、2013年新年の挨拶を行う際、みなさんは何のツールを利用しましたか。

   そこで、GRPでは、ギャル達が新年の挨拶の際に利用したツールについてのアンケート調査を実施しました。今回は、ランキングとともにギャル達が利用した理由についても一気にご紹介します。

1位はLINE

2013年もよろしくお願いします!
2013年もよろしくお願いします!

【Q.新年の挨拶の際に利用したツールは何?】

1位:LINE…36.0%
2位:メール…34.3%
3位:Twitter…9.9%
4位:mixi…7.6%
5位:ブログサイト…4.1%


【LINE】
『グループトークで送れば、仲良しの友達に一気に送れるから簡単!』
『既読機能で読んだか読んでないかが分かるから』
『スタンプが可愛いから送っている自分も楽しい』


【メール】
『手っ取り早くて楽だから』
『毎年恒例って感じだからメールがテッパン!』
『LINEをしてない人でも連絡が取れるのが理由』


【Twitter】
『1人ずつ送らなくてもフォローしてくれている人に一斉に挨拶出来るから』
『周りの友達がフォローしてくれているので楽!』
『友達はもちろん、知らない人も見てくれているから』


【mixi】
『友達大勢に見て貰えるし簡単だから』
『日記とつぶやきがあって、内容によって分けて投稿出来るので』
『前からmixiをやってるし、友人数も多いから』

グループトーク機能を評価

【ブログサイト】
『リア友じゃない人にも挨拶出来るから定番!』
『自分のブログを読んでいる友達もいるし、会ったことない人にも挨拶出来るから』
『写メもアップしたり出来るから気持ちも伝わりやすい』


【総評】

   ここ5年~6年は、デコメや絵文字、背景などを装飾した「年賀メール」がギャル的テッパンだったものの、2013年はそれを1.7ポイント上回り、無料コミュニケーションアプリ「LINE」が1位を獲得しました。

   人気の要因としては、上記コメントでもあったように、グループトーク機能・既読機能・スタンプの豊富さでギャル心を掴んだようです。

   また、続いて2位には「メール」がランクイン。しかし、「LINE」がギャル達の新たなコミュニティーツールとして浸透したこと、ガラケーからスマホにする利用者が増加することで、今後、年賀メール離れが進んでいくことが考えられそうです。

   3位には「Twitter」が登場。140文字以内の制限があるものの、簡単で手短に発言出来るのが人気の理由。スマホ所持者が増加することで、さらにTwitterユーザーも上昇傾向にある模様です。

「3時間以内に反応ないと不安」が1位

   このようにランキングでも一目瞭然ですが、ギャル達はお正月でもネット文化が主流。

   悲しくも日本の文化でもある「年賀状」は6位で3.5%と、若者はもちろんギャルの間でも年賀状離れが進行していることが分かりました。

   それにはネット文化で育った彼女達は、これらツールでコミュニケーションを取る際は、常に早いレスポンスを求めていること、求められているコミュニケーションを築いていることが最大の理由だと言えます。言い換えれば、絶えず、リアルタイムで相手が何をしているか、どう思っているかを知りたい気持ちを抱いていると言えるでしょう。

   余談ではありますが、GRPで調査を行った「彼氏からメールやLINEの返信がない時、心配になる時間ランキング」では、「3時間以内」が22.6%で1位にランクインし、四六時中、相手のレスを待っている状況下にいると言っても過言ではありません。

「手軽さ」「簡単」「場所を問わない」「レスの早さ」

   これらのメリットを感じているからこそ、ギャル達は新年の挨拶においてもウェブツールを活用するのでしょうね。

   みなさんは、2013年新年の挨拶に何のツールを利用しましたか。

GRP編集長・まぁ~さ

新年あいさつの主なツールは?
年賀状
LINE
メール
Twitter
mixi

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中