「伊勢海老スープ」ホテルの味を再現 鍋から立ち上る香りに大コーフン

印刷

   三重県の東南部、志摩地方のご当地グルメといえば、アワビや伊勢海老といった豪華な海の幸が知られている。これらの食材を用いた名物料理も確立していて、たとえば同地にある志摩観光ホテルの「伊勢海老のクリームスープ」は名高い逸品だ。

缶詰なのに簡単に食べられない?

生クリームを乗せて焼くとコクが増す
生クリームを乗せて焼くとコクが増す

   そんなスープの缶詰が、今やありがたいことにネットで取り寄せられる。公式ショップをはじめ、いくつか詰合せを販売している店があるが、近鉄百貨店のインターネットショップでは、一缶単位で販売していて買いやすく、さらにありがたい。そこで今回は、同店で「伊勢海老のクリームスープ(大缶)」(2835円、290グラム)を買ってみた。ほかに小缶(1680円)もある。

   さて、このスープを口にするまでの道のりは、缶スープとしては少々長くなっている。まずは鍋に移して火にかけて、温まったところで器に移したらば、生クリームをホイップして上にのせ、オーブンやトースターで焼いて焼き色をつける。

   鍋で温めていると、殻ごと刻んだ伊勢海老や小海老、濃厚なみそが溶けこんでいるというスープから、そうした海老の香り、潮の香り、バターの風味などが代わる代わる立ち上ってきて、ときには渾然として、いかにもおいしそうだ。この状態でいただいてもよいのだが、生クリームをのせて焼くことで香りは一段と活性化し、コクも増す。ホテルではそうして提供されるというのだから、ぜひそれを再現したいところである。

濃厚な海老、恍惚としながら飲み干す

   実際のところは、スープを焼くときに、クリームが焦げつくのを恐れて少々早めに取り出してしまった。画竜点睛の点睛は少々、欠けていたかもしれないが、それでも絶品には違いなかった。なんと言っても、濃厚な海老の旨みがすごい。スープという料理で、海老という食材の真髄を堪能した気分になれるのである。それに生クリームやブイヨンの風味も加わって、味は海から野へとめぐり、奥深く多彩に広がる。

   とにかく飲み続けて一向に飽くことがない。恍惚としながら飲み干し、しばし幸福感に浸ったあとでふと我に返ると、原稿用のメモもろくにとらずに、約2人前の量の大缶をまるごと平らげてしまったことに気づいた。しまった。どうやらこのスープには魔法がかけられていたようだ。


商品名:伊勢海老のクリームスープ(大缶)
製造:志摩観光ホテル
サイズ:290グラム
価格:2835円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中