2021年 9月 24日 (金)

「人質事件」機に「イスラム世界」を知る その歴史とタブーと考え方

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

豚から見えてくるイスラム

『愛と憎しみの豚』
『愛と憎しみの豚』

『愛と憎しみの豚』

   豚カツやカツ丼は子どもから大人まで日本人の好きな食べ物だ。日本ばかりではない。豚肉は世界の各地で様々な料理に使われている。だが、その一方で激しく嫌う人たちもいる。それはなぜなのか。集英社の『愛と憎しみの豚』(著・中村安希、1680円)はそんな素朴な疑問から豚をめぐる謎を追ったノンフィクションである。

   47か国をめぐる旅をもとに書いた『インパラの朝』で開高健ノンフィクション賞を受賞した著者は、今度もまた灼熱のアラブからイスラエル、東欧、極寒のシベリアへと旅を続ける。豚は人に挨拶するし、カメラを向ければポーズをとるのだそうだ。そんな豚との付き合いを通して、イスラム教徒はなぜ豚を拒絶するのかを探る。豚からみた、もうひとつのイスラム案内である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!