2018年 7月 18日 (水)

「目の前で調理」も楽しめる臨時列車 JR東日本「東北エモーション」

印刷

   JR東日本は、ライブキッチンを中心とする「全席レストラン」の空間を持つ列車「Tohoku Emotion」(東北エモーション)の運行を、2013年秋以降に始める。2013年2月5日発表。

年間150日程度の運行

イメージ画像
イメージ画像

   キハ110系車両を改造した3両編成の「Tohoku Emotion」は、1両をコンパートメント個室席(28人)、1両をオープンダイニング席(20人)、1両をライブキッチンスペースとする臨時列車だ。運行線区は東北エリアを予定している(当初は八戸線での運転)。

   ライブキッチンスペースでは目の前で調理している様子が見られ、料理を味だけでなく視覚でも楽しめるようにした。食事内容は、「地元や地域の食材」を積極的に活用したものとなっている。

   土休日やゴールデンウイーク、夏休み、年末年始期間を中心に年間150日程度運行される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中