2020年 11月 28日 (土)

【書評ウォッチ】自民「右傾化」を読む 機関紙連載に見る保守の行方

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   安倍自民党が政権を取り戻して1月半。アベノミクスとやら景気刺激策のおかげなのか、円安が進んで株価が上がり、一部の企業や土建屋さんは大喜びだそうだ。うかれていないで、ここらで自民党の保守政治について見きわめておこうという指摘が朝日新聞読書面に出た。

   『「常識」としての保守主義』(櫻田淳著、新潮新書)をとりあげながら保守と国防軍創設や憲法改正など「右傾化」の関係を一橋大の政治学者・中北浩爾さんが解説。「安倍政権の安全運転は、次の参院選までのはずだ」と。で、それから露骨に右旋回するのだろうか。【2013年2月10日(日)の各紙からⅠ】

ご推薦のオンパレード

『「常識」としての保守主義』(櫻田淳著、新潮新書)
『「常識」としての保守主義』(櫻田淳著、新潮新書)

   この本、実は自民党の機関紙に2009年から2年間にわたり掲載された文書をまとめた。「保守政治とは何か……右翼やタカ派とイコールではない……伝統を尊びつつも、柔軟かつ大胆に新しいものを取り入れ、中庸を美徳とする」と出版社サイトは強調する。著者自身も「右翼という政治上の立場や、民族主義性向とは重ならない」という立場。ド・ゴールや吉田茂から学んだのだそうだ。

   これを、麻生太郎元首相(現財務相)や党総裁時代の谷垣禎一氏(現法相)が推薦、本の帯には「石破茂氏絶賛!」とある。河野太郎氏も関心をよせる。ちょっと調べただけで、保守度・リベラル度さまざまな自民党政治家のご推薦オンパレードだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!