2020年 8月 9日 (日)

【書評ウォッチ】「走れメロス」はラストがおもしろい 毒舌評論家が「うしろ読み」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   古今東西の有名小説・文献132点を書き出しより最後のエンディングを重点に読み解く『名作うしろ読み』(中央公論社)がおもしろい。毎日新聞がとりあげた。

   著者の斎藤美奈子さんといえば、あたりさわりのない礼賛型の批評がとかく横行する中で皮肉と毒舌で知られた文芸評論家。「ネタバレ」といって小説や絵本の結末をかくす傾向にもズバリ一撃を加えた。角度をかえて眺めれば、べつの風景が結構見えてくる。

【2013年2月10日(日)の各紙からII】

思わぬ本質をあぶり出す

『名作うしろ読み』(斎藤美奈子、中央公論社)
『名作うしろ読み』(斎藤美奈子、中央公論社)

   「斎藤美奈子の文芸批評は一貫して権威性に対する懐疑と挑発に主軸が置かれている」と毎日の評者・比較文学の張競さんが言うとおりなのだが、要所を的確につくから支持者が多い。この本のもとになったコラムも読売新聞連載中から反響を呼んだ。

   中味自体もおもしろい。たいていの名作は名前だけを知っていても読んだことのない人がほとんどで、書き出しだけなら知っている人がこれに次ぐ。それを、学者風の小難しい文学論ではなく、ひっくり返してうしろから読んでみるという発想で特徴や作者の意図をあぶりだした。ラストシーンに本質あり。多くの場合、思わぬ本質が。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!