ベンツ「SLS AMG」にブラックシリーズ 最高出力「631馬力」

印刷

   メルセデス・ベンツ日本は2013年2月22日、スーパースポーツカー「SLS AMG」のスペシャルチューニングモデル「SLS AMG ブラックシリーズ」を、25台限定で発売した。納車は、8月下旬から順次開始される予定だ。

ベースモデルから「70キロ」軽量化

「SLS AMG ブラックシリーズ」(AMGソーラービーム)
「SLS AMG ブラックシリーズ」(AMGソーラービーム)

   サーキット走行など本格的なスポーツドライビングに対応する限定生産モデル。専用チューニングを施したAMG 6.3リッターV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力は631馬力、最大トルクは635ニュートンメートルを発揮する。

   サスペンションには、スプリングと電子制御ダンパー(2段階切り替え式)に専用チューニングを施した。トレッドは前20ミリ、後24ミリそれぞれ拡大し、高速コーナリング時のロール低減とグリップ力向上を図っている。ブレーキには高い制動力と安定性を確保した「AMG カーボンセラミックブレーキ」を取り入れた。

   車両重量は1550キロと、ベースモデルの「SLS AMG」から70キロの軽量化を達成している。

   エクステリアでは、ブラックシリーズ専用デザインとなるエアアウトレット付きカーボンファイバーボンネットなどを採用。インテリアでは、デジーノブラックレザーとアルカンターラを組み合わせた。

   メーカー希望小売価格は、3250万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中