2020年 11月 26日 (木)

外国人の目通した「3・11」 「大震災と日本人」どう描かれたか

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   まもなく「3・11」を迎える。東日本大震災直後の日本人の冷静な対応と助け合いの精神は各国から称賛された。あれから2年、明日へ向けた取り組みは始まっているが、復興は進まず、人々の心の傷はなお深い。震災と日本人――日本に住む外国人の目にはどう映っているのか。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中

帰国せず被災地にとどまった英国人

『前を向いて、歩こう。 「石巻のイギリス人」からのメッセージ』
『前を向いて、歩こう。 「石巻のイギリス人」からのメッセージ』

   『前を向いて、歩こう。 「石巻のイギリス人」からのメッセージ』

   「震災と原発の不安から帰国する外国人が相次ぐなか、被災地・石巻に残ったイギリス人」。東日本大震災直後のこと、そう伝えるテレビニュースを見て感激した編集者がいた。彼女もまた宮城県石巻の出身だった。さっそく、「この人のことを本にしたい」と上司に提案した。そうして生まれたのが、サンマーク出版の『前を向いて、歩こう。 「石巻のイギリス人」からのメッセージ』(著・リチャード・ハルバーシュタット、1365円)だ。

   著者は石巻に暮らして約20年、石巻専修大学理工学部准教授としてすっかり地域社会に溶け込んでいた。その彼に大使館からメールが届く。帰国勧告を受け、仙台に向かった。東京を経由して成田からイギリスへ立つ手筈だったのに、石巻へUターンした。「大切な仲間を見捨てることはできなかった」。その思いと復興への誓いを綴る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!