2020年 7月 11日 (土)

【書評ウォッチ】「外国人犯罪増加」「有害物質の雨」 3・11で飛び交ったデマを分析

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   3・11が近づいて、東日本大震災にからむ企画記事が各紙各面で目立ち始めた。読書面では『検証 東日本大震災の流言・デマ』(荻上チキ著、光文社新書)を日経新聞が。あの日の直後からネットにあふれた災害流言のメカニズムを解説する一冊だ。だまされない、広めないための基礎知識を語っている。【2013年3月3日(日)の各紙からI】

えっ「一番役に立ったのはラジオ」

『検証 東日本大震災の流言・デマ』(荻上チキ著、光文社新書)
『検証 東日本大震災の流言・デマ』(荻上チキ著、光文社新書)

   チェーンメールやリツイートにのるデマは、拡大して流言となった。「有害物質の雨が降る?」「放射性物質にヒマワリが効く?」「被災地で外国人犯罪が増えている?」「あの政治家がこんな失言をした?」……どう生まれ、どう広がるのか、本が扱う実例には注意喚起として広まるデマもあれば、救援を誇張するデマもあるという。

   「あの緊急時に人々の足がいかに引っぱられたかがわかる」と、日経の評者・坂村健さん。緊急事態のときにはネットの情報が諸刃の剣になるとの本の指摘に、有事と平時の両面に素早く対応できるデュアル・モード国家、そのための技術と制度の整備を提唱する。

   いっしょにとり上げられた『3・11被災地の証言』(情報支援プロボノ・プラットフォーム編著、インプレスジャパン)は、情報空白地帯の問題に触れる。いざというときに頼れるのは電話かメールかツイッターか。震災発生から3か月間、3000人の行動をまとめた。一番役立ったのはラジオ、次がテレビとワンセグだったのだそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!