「栃木のもの」大集合! 上野駅で「生産者が直接、魅力伝える」

印刷

   東日本旅客鉄道(JR東日本)は、上野駅地産品ショップ「のもの」で、栃木県にスポットを当てた「栃木のもの」を2013年3月6日から開いている。

「旬のもの、地のもの、縁のもの」紹介

「揚巻ゆば」(上)、ヨーグルト「雅」(下)
「揚巻ゆば」(上)、ヨーグルト「雅」(下)

   「のもの」は、「地域再発見プロジェクト」の取り組みの一環として地域の魅力を発信する地産品ショップ。今回、新鮮な野菜や果物・銘菓・地酒など、食を中心に栃木県ならではの「旬のもの、地のもの、縁のもの」を紹介。

   市町村コーナーでは、小山市で収穫された落花生や思川ごぼうなどをはじめ、栃木県が全国第1位の生産を誇るかんぴょうやその加工品、また同じく全国生産量第1位のハトムギなどを販売する(出店期間:3月6日~10日)。

   また生産者が商品の魅力を直接伝えるプロモーションコーナーでは、外池酒造の日本酒「燦爛(さんらん)」や、日光ゆば製造の「揚巻ゆば」、永島牛乳店のすべて手作りしたヨーグルト「雅」などを紹介する。

   あわせて「のもの」開催期間中には、栃木県のアンテナショップ「とちまるショップ」と共同で栃木キャンペーンを展開。びゅうプラザで配布するキャンペーンチラシを各店に持参した人に益子焼グッズをプレゼントする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中