「わ」が取り持つワインと和食 老舗寿司店と共同開発

印刷

   オーストラリアの老舗ワインブランド、ジェイコブス・クリークは2013年3月1日、銀座 寿司幸本店の杉山衛氏と共同開発した「ジェイコブス・グリーク わ」を発売した。

「魚」と「しょうゆ」との相性追求

イメージは「伝統と現代の融合」
イメージは「伝統と現代の融合」

   今回は「和食がもっと美味しくなるワイン」をコンセプトに、120年以上の歴史を持つ寿司店の4代目杉山氏がワインの味の設計や監修を行い、オーストラリアに拠点を持つ同社ワインメーカーがその味を再現した。

   和食ということもあり、「魚」と「しょうゆ」との相性を追求し、引き締まって程よい辛口中に、果実味と後味の清涼感などのある味わいに仕上げた。

   商品名にある「わ」は、ワインの「わ」や和食の「わ」、人の「わ」など日本の食文化と、ワインがある生活の喜びをイメージしてつけたという。

   また、パッケージは、伝統的な日本のイメージと現代的なデザインを融合させたものになっている。

   容量は750ミリリットルで、価格は1680円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中