軽量ボディーで「自分撮り」カンタン ソニー、ミラーレス一眼「NEX-3N」

印刷

   ソニーは2013年3月8日、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α」シリーズから「NEX-3N」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は「パワーズームレンズキット」が6万円前後、「ダブルズームレンズキット」が8万5000円前後。

ボディー側にズームレバーも

「NEX-3N」(パワーズームレンズキット)
「NEX-3N」(パワーズームレンズキット)

   従来機「NEX-F3」から約45グラム軽量化し、約210グラムのボディーを実現した。新デザインのグリップの採用により、「自分撮り」の際にカメラを逆向きに握っても、しっかりとホールドして撮影が行える。また、「α」シリーズで初めてボディー側にズームレバーを搭載。光学ズームから電子ズームまで、片手で操作できる。ポップアップ式のフラッシュ付き。

   APS-Cサイズの大型イメージセンサーにより、ぼけ味やきめ細やかな階調表現を可能とした。画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を備え、「エリア分割ノイズリダクション」にも対応する。

   「オートフレーミング」機能では、撮影した写真からカメラが自動的に構図を判断してトリミングを行い、バランスのとれた写真に仕上げる。

   ボディーカラーは、ホワイト、ピンク、ブラックの3種類。サイズは、約幅109.9×高さ62×奥行き34.6ミリ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中