「青い卵」でたまごかけごはん 「いつもの味」どう変わった?

印刷

   いつものように、たまごかけごはんを食べながら、ふと思った。近年はちょっとしたたまごかけごはんブームだ。専用のしょうゆ、タレが売られたり、イベントが開催されたり、やたらとこだわりを語る人も多い。でも、たまごかけの「卵」についての話はあまり聞かない。

南米に青い卵を生む鶏がいる

淡い青色の卵が珍しい
淡い青色の卵が珍しい

   卵は物価の優等生だし、どんな卵も大抵、それなりにおいしいということはあるのだろう。しかし、今回は卵にこだわってみることにし、青森県にある東北牧場の「身土不二(しんどふじ)の卵」が評判だというので、こちらを取り寄せた。

   サラブレッドを育て、有機野菜もつくる牧場で、広々とした鶏舎で国産の有機飼料を食べて、丁寧に育てられた鶏が産む有精卵ということだ。卵の生食にはリスクも伴うのだから、まず健康で安全な鶏の卵であるに越したことはない。

   そして、この牧場でとりわけ珍しいのが、淡い青色、翡翠(ひすい)色をした卵「青玉」だ。なにやら科学的な操作でつくりだした色ではなく、もともと南米のチリに青い卵を産む鶏(とり)がおり、青森県がその種を改良したのだそうだ。青い卵は「青い森」の青森県のイメージに合うから――という説もあるとかないとか。

   今回、注文したのは「赤玉・青玉味くらべセット」(各3個入り、1575円)。青玉は1個315円、赤玉(通常の赤褐色)は210円の計算になる。新鮮な卵を冷蔵で配送してくるので、送料もなかなかだ。

さわやかでフレッシュな甘味

   青玉、赤玉ともに味がすごく濃いとは思わなかったが、後口にクセやイヤ味がなく、さわやかでフレッシュな甘味がある。いつものたまごかけごはんも、一段グレードアップする感じである。

   青玉と赤玉の違いといったことでは、今回はさほど厳密に食べくらべなかったので、率直に言ってあまりよくわからなかった。しかし、なにしろ青玉は食卓の彩りもすがすがしい。幸せの青い鳥を見つけた気分――と言ったら言いすぎだが、青い鳥が生まれてきそうな卵だ。


商品名:身土不二の卵「赤玉・青玉味くらべセット」
製造: 東北牧場
サイズ:各3個入り
価格:1575円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中