2018年 7月 22日 (日)

「ホストは自分のペット」 豪語する「バンギャ」に王道ギャルは…

印刷

   この間、同コラムでキャバクラを利用する男性についてのギャル的見解を紹介させて頂きました(「キャバクラ行き」にブチ切れる妻・彼女 「ギャル3か条」実践すれば「円満」通い放題!?)。

   様々なコメントが寄せられましたが、今回はその女性版とも言える「ホストクラブ」事情についてお送りしたいと思います。

バンドギャル、通称「バンギャ」

ホストクラブに行ってみたい?
ホストクラブに行ってみたい?

   まず、そもそもギャル達は「ホストクラブ」に興味があるのか、GRPでアンケート調査をしてみると…。

1位 どちらかというと行きたくない…36.2%
2位 絶対に行きたくない…30.2%
3位 どちらかというと行きたい…25.7%
4位 絶対に行きたい…7.9%

といったように、ギャル達の6割以上がホストクラブに『行きたくない』と答えました。最近では、各種メディアに「ホストクラブ」が取り上げられる機会が多くなってきている現状があるものの、ギャルの間ではまだまだ近寄りがたい場所といったイメージが強いようです。

   その理由としては

『お金を払ってまでホストと話したいと思わない』
『その場は楽しそうだけど、チャラいイメージがある』
『結局自分だけの男になってくれないから』

など、ホストという職業上、女性と接する機会が極端に多いことで警戒されるのか、王道ギャルからは「(ホストクラブ通いは)理解出来ない」という声が多く寄せられました。

   しかし、調査を進めていくと驚くことにギャルはギャルでもバンドギャル、通称「バンギャ」と呼ばれる、いわゆる「ヴィジュアル系」音楽を熱烈の好む女子の中では、調査対象者の5人中3人もがホストにのめり込んでいる現状があることが分かりました。

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中