沖縄の「名豚」あぐー豚 紅芋食べてさらにおいしく

印刷

   沖縄県には独特で豊かな食文化があるが、それを支える食材のひとつが豚肉であり、沖縄料理には豚肉を使う料理は多い。そんな「豚肉県」の沖縄が誇るブランド銘柄豚が「あぐー」だ。

沖縄の人も知らない名前の由来

しゃぶしゃぶだけじゃもったいない?
しゃぶしゃぶだけじゃもったいない?

   ちょっと不思議に響く「あぐー」という名前の由来は、うちなーんちゅ(沖縄の人)もよくわからないらしい。とにかく、黒く小ぶりで、育ちにくいが味がよいという沖縄の在来種の豚「アグー」を、他の種と交配させた豚肉が「あぐー豚」などとして飼育されているのである。

   あぐーの生産販売者は沖縄県内にいくつかあり、取り寄せも可能だが、なかでもひと際、気になっていたのが「おきなわ紅豚ネットショップ」の「紅あぐー」。沖縄名物の紅芋を配合したこだわりの飼料で1頭1頭大切に飼育されていて、「あぐー」豚のなかでも、最高峰クラスとうたわれているそうだ。

   これは一度は食べてみたいと、よだれが出そうになっていたところ、しゃぶしゃぶ用の「紅あぐーお試しセット」(2480円、冷凍配送料込み)という手軽なセットがあったので、今回はこれを注文した。「ロース」「肩ロース」「バラ」のしゃぶしゃぶ用薄切り肉がそれぞれ100グラムずつ、おまけに「紅豚フランクフルト」も付いてくる。

ステーキでも食べてみたい

   おすすめの食べ方は、付属の塩だけで――ということだ。しゃぶしゃぶで食べてみると、たしかに、いい肉は塩だけでいいね、と食通ぶって言いたくなってくる。肉は柔らかいのにきめは細かく、脂は甘く、清い感じである。バラ肉には質の良い脂の旨味、肩ロースはしっかりした肉肉しさ、ロースは脂と肉のバランスのよさが感じられた。

   じつは、お店のおすすめの食べ方は「ステーキ」だそうだ。たしかにこの肉なら、わりと厚切りを焼いてかぶりつくのもよさそうだと、そんなことを思ったら、しゃぶしゃぶを食べ終わったばかりなのに、またよだれが出そうになって困ったものである。


商品名:紅あぐーお試しセット
販売:おきなわ紅豚
価格:2480円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中