2021年 9月 25日 (土)

【書評ウォッチ】単純・最強ツール「鉄条網」140年の歴史 カウボーイの仕事減らす

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

中国ぬきの海洋国家特集

   海洋国家という言葉が、このごろよく聞かれる。関連本を日経新聞が読書面トップで特集した。『太平洋のレアアース泥が日本を救う』(加藤泰浩著、PHP新書)や『東アジア海域に漕ぎだす』(小島毅監修、全6巻、東京大学出版会)などをあげ、海底資源の開発や人・モノ・情報が行き来する場として重視する考えを獨協大学の竹田いさみさんが「日本の新たな活力を見出す道がある」と強調している。バラ色の展開に勇気百倍の内容だ。

   しかし一点、「海洋強国」とやらの言葉は他でも聞く。中国の海軍力増強や貪欲なまでの領土確保の動きだ。そこを特集は論じようとしない。「海洋」とは東シナ海以外のことだとでもいうのか。中国の進出問題をぬきにして海洋国家論を語るのは、何か遠慮でもあるのだろうか。抽象論やきれいごとだけですめば苦労はない。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!