2021年 9月 16日 (木)

【書評ウォッチ】優等生には出せない「ヘタウマ」の魅力 岡本太郎、立川談志、ピカソまで

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

芸術・芸能の中核「ヘタウマ文化」

   反対の角度からわかりやすいのは「談志ができなかった芸」の例だ。名人・談志はウマすぎた。おかげで、ヘタなのになぜかおかしいという状態になかなか達しなかった。

   芸は大したことないのに、高座に上がっただけで客を笑わせるタイプがいる。談志にはこれがなく、だから「格闘をし続けなければならなかった」というのだ。

   飛躍を期す芸術家が定型を壊して脱皮する。「こうした創造的破壊が、サブカルチャーの分野において、ちょっと斜に構えた遊びのポーズで脈々と行われてきたことを、本書は的確に示唆している」と評者の井波さんは薦める。日本の芸術・芸能の中核にあるヘタウマ文化。ただし、テレビ番組で「タレントが無内容、無芸のしゃべりをまきちらし……などは、むろんこの限りではない」とピシャリ抑えてもいる。混同してはいけない。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!