最上級モデルベースも ベンツ「Vクラス」特別仕様車

印刷

   メルセデス・ベンツ日本は2013年6月6日、高級ミニバン「Vクラス」の特別仕様車として、「V350 ホワイトエディション」と「V350 アバンギャルド エディション ロング」の2モデルを、各50台限定で発売する。

各50台限定

「V350 アバンギャルド エディション ロング」
「V350 アバンギャルド エディション ロング」

   「V350 ホワイトエディション」は「V350 トレンド」をベースに、ラグジュアリーパッケージやバイキセノンパッケージなど、人気の高いオプション装備を加えた。ラグジュアリーパッケージは、メモリー付きパワーシート(運転席)や前席シートヒーターなど快適性と利便性を向上する装備で、バイキセノンパッケージは夜間走行時の視認性を高める安全装備。専用の18インチ10ツインスポークアルミホイールを備え、アークティックホワイトのボディーにスポーティなアクセントを加える。メーカー希望小売価格は495万円。

   一方、「V350 アバンギャルド エディション ロング」は、Vクラスの最上級モデル「V350 アンビエンテ ロング」がベース。専用デザインのクロームストリップ付きフロントスポイラーや19インチ16スポークアルミホイールなどを特別装備する。インテリアでは、シート素材に質感の高い専用レザー「DINAMICA」使ったほか、2列目と3列目のシート全4席に独立したキャプテンシートを取り入れ、6人乗り仕様とした。メーカー希望小売価格は710万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中