2018年 6月 24日 (日)

【書評ウォッチ】「ゆるキャラ」のゆるくない実態 広告代理店と組んでビジネス色に

印刷

   愛くるしい姿と動作が「かわいい」「癒される」と大評判。ひこにゃん(滋賀県彦根市)、なみすけ(東京都杉並区)、ぐんまちゃん(群馬県)、くまモン(熊本県)など、全国に広まったキャラクターは、その数1200とも1600ともいわれる。でも、人気が沸騰すれば、性格も変わる。素朴な地域振興から皮算用を秘めたビジネスへ、広告のプロが介入。中にはツイッターで政治的発言をしたキャラもいて騒動も。ブームの変化と実情をとらえた『ゆるキャラ論』(犬山秋彦・杉元政光著、ボイジャー)が日経新聞に載った。【2013年6月18日(日)の各紙からI】

ネットに流れて人気沸騰

『ゆるキャラ論』(犬山秋彦・杉元政光著、ボイジャー)
『ゆるキャラ論』(犬山秋彦・杉元政光著、ボイジャー)

   丸っこい顔に愛嬌ある表情でゆっくり動いて、ほんわかムード。起源をたどれば江戸中期の「福助人形」あたりまでいくのだが、近年のブームは実のところIT革命の産物。地域新興のイベントに登場した着ぐるみ姿が携帯・スマホで撮られネット上に流されて、人気沸騰した。子供だましどころか、若者にも大人にも受け入れられた。

   地域活性化のシンボルだったはずが「近頃は、かわいいキャラクターは何でもゆるキャラと呼ばれてしまう」と、日経の評者・奥野卓司さん。せちがらい世の中だからねーといった分析は誰でもできるが、本のサブタイトルは「ゆるくないゆるキャラの実態」。「ひこにゃん」が成功したあたりから、なにやら様相が変わってきたという。

   それまでは自治体職員や商店街の有志が作ってきた。街になんとか活気をというのが原点だった。ところが「これで客が集まる」となると、各地の自治体や企業が広告代理店やデザイン会社に制作を依頼し始めた。広告やキャンペーンのプロたちが手がつけつつある。かくて、あちこちで、本来の郷土愛のあるもの・ないもの、ともに増殖中という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中