2021年 5月 16日 (日)

霞ヶ関官僚が読む本
8月に「会津を読む」意味 「八重の桜」と戦争と今の日本

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

戊辰戦争と第2次世界大戦を通じて

   一方で、この大河ドラマでは全くよい所がなかった最後の将軍徳川慶喜の孤軍奮闘ぶりを描いたのが、練達の文芸評論家野口武彦著『慶喜のカリスマ』(講談社 2013年)だ。「あとがき」で、司馬遼太郎氏が作り出した日本における「明治維新ごっこ」の悪影響を憂い、現役世代の日本人は、歴史を学ばず、安易に大河ドラマで代替していると苦言を呈する。

   今月は、日本では古来より死者と向き合うときだ。会津に関わる直近2つの戦争(戊辰戦争と第2次世界大戦)を通じて、近代における、戦争での死者への生者の受け止めを考察したのが、田中悟著『会津という神話―<二つの戦後>をめぐる<死者の政治学>-』(ミネルヴァ書房 2010年)だ。われわれは、すべての死者と向き合うことができるのか、どこまでの死者と向き合えるのか、という重い問題がテーマだ。この本ではなぜか論じられていないが、1997年夏に刊行され、大論争を生んだのが、加藤典洋著『敗戦後論』(講談社、ちくま文庫2005年)だ。「日本の三百万の死者を悼むことを先に置いて、その哀悼をつうじてアジアの二千万の死者の哀悼、死者への謝罪にいたる道は可能か」という問いかけは、氏自体の思想のその後の変遷にかかわらず、今もわれわれの前に依然としてある。

経済官庁B(課長級 出向中)AK

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

【霞ヶ関官僚が読む本】 現役の霞ヶ関官僚幹部らが交代で、「本や資料をどう読むか」、「読書を仕事にどう生かすのか」などを綴るひと味変わった書評コラムです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!