50周年を迎えた「アバルト595」 当時のモチーフをふんだんに使用し、限定モデルで登場

印刷

   フィアット・クライスラー・ジャパンは2013年10月15日から、「アバルト 59550th Anniversary」の予約受注を開始した。全世界299台限定で、日本では50台扱う予定。 

紅白カラーのスポーツシート

アバルト 595 50th Anniversary
アバルト 595 50th Anniversary

   「アバルト」とは、1949年設立のイタリア自動車メーカー。1971年のフィアットによる買収から、社内ブランドという位置づけになっている。

   「アバルト 595 50th Anniversary」は、1963年にトリノモーターショーで発表された「FIATABARTH 595」(FIAT ABARTHは当時の呼称)が、今年で50周年を迎えるのを記念した限定車。かつての「595」のモチーフを内外装にふんだんに採用。オリジナルにちなんだサイドストライプや、紅白カラーの本革スポーツシートが採用されている。ロゴデザインもクラシックなデザインにするなど、記念モデルとして細部に非常にこだわった仕様だ。

   エンジンは1.4L の直列4 気筒DOHC16 バルブターボエンジンをチューニングし、最高出力は180ps、最大トルクは25.5kgm まで高めてあり、「595」史上最もパワフルに仕上がっている。トランスミッションにはシフト時間を短縮したAT モード付5 速シーケンシャルトランスミッション「アバルト コンペティツィオーネ」を搭載し、レーシングスタイルのパドル式スイッチを備え、エンジン性能を効率よく引き出せる。

   価格は484万9200円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中