2018年 7月 23日 (月)

ファミマとスリーエフが共同開発 胡心房の「とんこつらぁめん」がカップ麺になった

印刷

   ファミリーマートスリーエフは2013年10月22日、人気ラーメン店「胡心房」(東京都町田市)監修のカップ麺「胡心房 とんこつらぁめん」を、全国のファミリーマートとスリーエフで限定発売する。

スープは豚骨と魚介のミックス

価格は198円
価格は198円

   「胡心房」のラーメンは、魚介と豚骨をミックスしたスープと「ヘルシーさ」にこだわった低カロリーメニューが特徴。

   カップ製品では、なめらかで歯切れの良い細めの丸麺を使い、具材には味付豚肉、メンマ、白ねぎ、青ねぎを入れ、彩りの良いかやくとした。

   スープはポークをベースに魚介の風味を合わせたまろやかな豚骨味に、また別添オイルには鰹ベースに煮干しの香りを加え、スープのアクセントに。

   価格は198円で、四国エリアでは24日からの展開を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中