ファミマとスリーエフが共同開発 胡心房の「とんこつらぁめん」がカップ麺になった

印刷

   ファミリーマートスリーエフは2013年10月22日、人気ラーメン店「胡心房」(東京都町田市)監修のカップ麺「胡心房 とんこつらぁめん」を、全国のファミリーマートとスリーエフで限定発売する。

スープは豚骨と魚介のミックス

価格は198円
価格は198円

   「胡心房」のラーメンは、魚介と豚骨をミックスしたスープと「ヘルシーさ」にこだわった低カロリーメニューが特徴。

   カップ製品では、なめらかで歯切れの良い細めの丸麺を使い、具材には味付豚肉、メンマ、白ねぎ、青ねぎを入れ、彩りの良いかやくとした。

   スープはポークをベースに魚介の風味を合わせたまろやかな豚骨味に、また別添オイルには鰹ベースに煮干しの香りを加え、スープのアクセントに。

   価格は198円で、四国エリアでは24日からの展開を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中