2018年 7月 22日 (日)

フロントデザインを一新 ルノーのコレオス 死角からの接近に警告も

印刷

   ルノーは2013年11月14日に、リニューアルした新型「コレオス」の販売を開始した。BOSE(ボーズ)のサウンドシステムや「ブラインドスポットワーニング」などの新装備、フロントデザインの一新が主な変更点。

死角がなくなる新技術

オン/オフロードどっちもイケるルノーの「コレオス」
オン/オフロードどっちもイケるルノーの「コレオス」

   コレオスは高い走行性を発揮する4WD性能を持ちながら運転しやすく、長距離も快適に運転できる本格クロスオーバーSUVだ。

   新型のコレオスはブリリアントブラックのグリルにビッグサイズのブランドロゴが取り付けられたフロントデザインに一新。また、車内空間に合わせて専用に設計されたBOSEサウンドシステムや、走行中に並走する車やバイクなどがドライバーの死角から近づくと警告ランプが点灯する「ブラインドスポットワーニング」などの装備が追加された。

   ボディカラーは新色の「マロン メタリックM」を含む全5色。

   価格は374万8000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中