フロントデザインを一新 ルノーのコレオス 死角からの接近に警告も

印刷

   ルノーは2013年11月14日に、リニューアルした新型「コレオス」の販売を開始した。BOSE(ボーズ)のサウンドシステムや「ブラインドスポットワーニング」などの新装備、フロントデザインの一新が主な変更点。

死角がなくなる新技術

オン/オフロードどっちもイケるルノーの「コレオス」
オン/オフロードどっちもイケるルノーの「コレオス」

   コレオスは高い走行性を発揮する4WD性能を持ちながら運転しやすく、長距離も快適に運転できる本格クロスオーバーSUVだ。

   新型のコレオスはブリリアントブラックのグリルにビッグサイズのブランドロゴが取り付けられたフロントデザインに一新。また、車内空間に合わせて専用に設計されたBOSEサウンドシステムや、走行中に並走する車やバイクなどがドライバーの死角から近づくと警告ランプが点灯する「ブラインドスポットワーニング」などの装備が追加された。

   ボディカラーは新色の「マロン メタリックM」を含む全5色。

   価格は374万8000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中