2021年 9月 24日 (金)

軍師・黒田官兵衛って、何者? 来年のNHK大河ドラマ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

現代にも通じるナンバー2の生き方

大軍師 黒田官兵衛
大軍師 黒田官兵衛

『大軍師 黒田官兵衛』

   どの組織でも「ナンバー2」は最重要のポジションだが、あまりにデキすぎるとトップに警戒される。戦国時代の「最強のナンバー2」といわれた黒田官兵衛もその例外ではない。ある時、秀吉が家臣たちに自分の死後に誰が天下を取るかと尋ねたところ、徳川家康、前田利家らの名があがったが、秀吉が口にしたのは、彼らに比べはるかに石高の低い官兵衛だった。このことを伝え聞いた官兵衛は、秀吉が自分に対し警戒心を抱いていると知り、長男の長政に家督を譲り隠居したという。

   祥伝社文庫の『大軍師 黒田官兵衛』(著・桜田晋也、680円)は、単なる軍事参謀にとどまらず、時代の流れを鋭く見抜く眼力と決断力を持ち、天下人である秀吉や家康にも恐怖を感じさせた官兵衛の生き方に迫る。現代にも通じる補佐役のあり方とは――。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!