2021年 9月 16日 (木)

軍師・黒田官兵衛って、何者? 来年のNHK大河ドラマ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

自ら天下めざす野望なかったか

新装版 播磨灘物語(一)=上左、(二)=同右、(三)=下左、(四)=同右
新装版 播磨灘物語(一)=上左、(二)=同右、(三)=下左、(四)=同右

『新装版 播磨灘物語』

   『竜馬がゆく』や『坂の上の雲』など数々の歴史小説を世に送り出してきた作家・司馬遼太郎が黒田官兵衛を描いたのが、講談社の文庫『新装版 播磨灘物語』(著・司馬遼太郎、1~4巻各660円)である。人気作家によるこの作品によって、官兵衛の人気はさらに高まったという。

   播州の小大名の家老の家に生まれた官兵衛は、東の織田か、西の毛利かの狭間にあって、信長に新時代の息吹を感じて織田方に参じ、秀吉と出会い、活躍の舞台を広げた。本能寺の変で中国大返しを献策するなど、その才覚は天下を左右するまでになる。秀吉の死後、天下分け目の決戦となった関ヶ原の戦いは、あっけなく終わってしまうが、もし、長引いて膠着状態に陥っていたなら、今度こそ、参謀としてではなく、自らの天下取りに名乗りをあげていただろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!