ギャルのいじめ被害率は70%…実際のいじめはもっと陰湿で深刻と告発

印刷

   警察庁は先月27日(2014年2月)、全国の警察が2013年の1年間にいじめが原因として摘発した事件は、前年比で約6割増加の410件だったことを発表しました。

   これに対しネット上では、

『400件…。47都道府県別で1県あたり平均8.5件。そんな少ないわけないよね?』
『度を越したものが400件ってだけで、大小問わずカウントしたらもっとあると思う』
『隠れていただけでまだまだもっとある。表面化した件数が増えたっていうだけ。氷山の一角…』

――などと、摘発されたのが約400件で、まだ明るみに出ていないいじめ事件が無数にあると疑問視する声が多く寄せられていました。

   その声をもとに早速、GRPでも調査を行うと70.2%のギャル達が「いじめ被害を受けたことがある」と回答する結果となり、10人に7人がいじめ被害を受けた実態が明らかとなりました。

   では彼女達が受けたいじめ被害とはどういったものなのでしょうか。

   ギャルから寄せられたリアルいじめエピソードをお聞き下さい。

シカト、仲間外れ、ハブられる日常を経験

明るみに出ていないいじめ事件は無数にあるはず…
明るみに出ていないいじめ事件は無数にあるはず…
『クラスでいじめを受けている子がいて…。見てられなくなってその子をかばったら、次の日から逆に自分がいじめの標的になった。シカトから始まって、仲間外れ、教科書を捨てられたり、机の中にゴミが入っていたこともあって毎日学校に行くのが苦痛だった。極めつけは、椅子の上に画ビョウが置いてあったことだなぁ。これをされてから学校には行けなくなっちゃったんだよね…』
『ダンゴムシをかけられたり、シカトとか悪口をいっぱい言われた。あとはトイレに入っていたら水を上からかけられたり、黒板に好きな人の名前を書かれてクラスの笑いものにされたこともあった。ある時、首を締められたことがあって、怖すぎて自殺まで考えた。でも親には言えなかったな。自分がターゲットにされた時の恐怖はもう味わいたくない…』
『ウチは親の都合でよく引越しする家庭だったんだ。で、引っ越し先での学校での初日って、他のクラスからも見学に来る人もいたりで絶対注目を集めるのね。その時にちょっとスカートが短かったことで、次の日からクラス中で女子から無視…。ハブられることも日常茶飯事だった。でもそれから何とか打ち解けたと思ったんだけど、仲良くしてた友達にハメられて、待ち合わせの時に知らない人がいっぱい集まってきて集団リンチされた。もうあの時に戻りたくない』

掲示板使うなどネットを介したものへと進化

   このように陰惨で壮絶ないじめを受けていた被害が明らかになり、これらのエピソード以外にも耐え難い暴力を受けたり、精神的な苦痛を受けたことで現在も心理的なストレス障害に悩むギャルも多いようです。

   また、いじめ被害の深刻さは増し、掲示板に悪口や載せられたくない画像を掲載されたり、自分のブログに友人から誹謗中傷のコメントを何度も受けたり、グループトークなどの「既読スルー」きっかけに陰湿ないじめがスタートするなど、ネットを介したものへと進化していることも発覚しました。

子供のSOSに気付ける「プロ」の親になって

   そんなギャル達からいじめ被害で悩む子を助けるための要望として強く挙げられていたのが、

『いじめのSOSに親が気付いて欲しい』

――と、子供から発している危険信号を親に素早く察知して欲しいといったところでした。

   それには現代の若者はネット社会に育ったことでリアルなコミュニケーションを苦手に思う子が多く、特に友人や知人に対し素直な自分を出せないといったことが関係しているようですが、『長年一緒にいる家族にだけは何かしらのサインが出ている』といじめ被害を受けた彼女達は語ってくれました。

   もちろん子供の性格も十人十色で、マニュアルや説明書といったものもなく誰もが「プロ」の親になるのは簡単なことではないですが、少しでも子供のSOSに気付いてあげられるような「プロ」になって欲しいと親世代へ強く望んでいるようです。

   そしてこれらのいじめエピソードと彼女達からの要望を通し、10人に7人がいじめ被害を受けたという実態が少しでも少なくなることを願うばかりです。

GRP編集長・まぁ~さ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中