2020年 11月 29日 (日)

【BOOKウオッチ】
震災によって戦後は終わった 「金のさんま」とおかみの生き方

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   東日本大震災から3年を迎えた。あの日、自分は何をしていたのか。あれから何が変わり、変わらなかったのか。これから被災地は、そして日本はどうなるのか。「3.11」は、誰もが立ち止まって考える日だ。明日に向けて一歩を踏み出すために、確かな1冊を見つけたい。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http//:books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中

「ピッカピカおかみさん」の奮闘記

『おかみのさんま』
『おかみのさんま』
『おかみのさんま 気仙沼を生き抜く魚問屋3代目・斉藤和枝の記録』

   「斉吉商店の和枝さんは、いっつもピッカピカなんです」とコピーライターの糸井重里さんが本の帯に書いている。斉吉商店とは、宮城県気仙沼市の古くからの魚問屋だが、食品加工にも手を広げ、地元で獲れるさんまをやわらかく煮込んだ「金のさんま」が看板商品だ。和枝さんはその3代目おかみであり、日経BP社の日経WOMAN選書『おかみのさんま 気仙沼を生き抜く魚問屋3代目・斉藤和枝の記録』(著・斉藤和枝、1470円)は、震災を乗り越えた奮闘記である。

   津波に襲われ自宅兼本社も工場も販売店も全壊したが、持ち前のバイタリティーで事業再開にこぎつけた。その秘訣はなにか。「どんなときでも、とにかく動く」「つらいときでも『いいこと探し』をする」――。糸井さんによれば、「金のことば」がいっぱい詰まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!