2018年 7月 17日 (火)

W杯ゲームこれでよく見える 新ユニフォームをイメージしたサッカー日本代表モデルのメガネフレーム第2弾

印刷

   メガネやサングラスの製造販売を手掛けているオンデーズ(東京都港区)は、サッカー日本代表チームオフィシャルライセンスを受けたメガネ&サングラス「SAMURAI BLUE model」の第2弾となるスポーツフレームを、2014年5月31日に発売する。

柔軟性や軽さを追求

軽くてフィットする
軽くてフィットする

   14年2月に発売した第1弾は、シンプルなツートーンカラーのフレームを採用したモデルだったが今回は、医療機器にも使われる「TR-90」をフレーム素材に採用し、柔軟性や軽さを追求した。

   ノーズパッドには、可動式のスポーツタイプを用い、激しい動きでもフィット感が損なわれない。

   デザイン面では、日本代表チームの象徴でもあるエンブレムをメタルパーツとして右のテンプル(耳側のフレーム)部分に配した。左側には、日本国旗に加え、「力強さ」「スピード感」と東洋の神秘性をイメージした「Japan national team」ロゴの印字がされている。

   新ユニフォームをイメージした青(レンズ周り)×赤(耳掛け部分)のほか、青×黒、黒×青の3パターンのカラーバリエーションから選べる。

   第1弾同様に、オリジナルケースとクロスが付属する。価格は税別8980円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中