【書評ウォッチ】ひとり親家庭の生きづらさ 「これ以上、がんばれない」実状とは

印刷

   母子だけ、父子だけの家庭が増えている。問題はその生活、経済的にも時間的にもあまりにも「生きづらい」実態だ。『ひとり親家庭』(赤石千衣子著、岩波新書)で、自らもシングルマザーとして寄り添ってきた当事者団体のリーダーが救援を訴える。少子化の一方で離婚が急増する社会の、緊急課題。「これ以上、がんばれない」と表紙帯にある文字からはギリギリの切実さがあふれ出る。【2014年6月1日(日)の各紙からⅡ】

これを放置しておいていいのか

『ひとり親家庭』(赤石千衣子著、岩波新書)
『ひとり親家庭』(赤石千衣子著、岩波新書)

   ひとり親家庭の生活が「きっと大変だろう」と想像することはできても、具体的な実態を正確に理解するする人がどこまでいるかと、この本は問いかける。

   母子家庭123万世帯、父子家庭22万世帯。どちらも厚労省調べだが、離婚の増加や家庭内暴力・ドメスティックバイオレンスのために増加傾向だ。その数字に出ない実状と課題とを、本はぎっしりと詰めこんである。

   保育料を払えず滞納100万円、もっとも困るのは病気のとき、昼の働きだけでは足りずにする深夜居酒屋とのダブルワーク、数時間の睡眠で子のために早朝からお弁当をつくる母、バイトに吸い寄せられる子どもたち、友だちづきあいやいじめ・不登校……時間も、お金も、気持にも余裕がないという実態。こんなことを日本の社会が放置しておいていいのだろうかと考えさせる。

   どうにかして収入を得なければ親子ともに生きられない。怪しげなベビーシッターに子どもを預けたための悲劇も、ついこの前あったばかりだ。非婚のシングルマザーに寡婦(夫)控除が適用されない制度上の不備もある。他方には高齢のシングルマザーも増えている。ひとり親家庭問題を考えると、日本社会のあり方につきあたる。書評は東京新聞と中日新聞に小さく。

富を独占する金融資本の構造

   ひとり親家庭とは対極どころか、同じ地球にあるとは思えない世界を描く『強欲の帝国』(チャールズ・ファーガソン著、早川書房)が日経新聞に。中国のことではない。リーマンショックを起こした米国金融資本の行状だ。先物取引や自己資本に関する政策規制をつぶし、骨抜きにし、挙句は住宅バブルの崩壊を招いた。なのに、年収数千万ドルのトレーダーもいる、ひと握りの人間が富を独占する構造を著者は追及する。

   では、どうすれば? 著者は不正関係者の刑事告発を求めるが、リーマンショックで訴追された例はない。そこが、この本の限界か。富める者はどこまでも富むのだろうか。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中