2019年 11月 15日 (金)

望みなきにあらず…日本と中国の"国境を越えた"夫婦の物語 

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本と中国の、国同士の関係のぎごちなさが目立つようになる一方で、日本人の男性と中国人の女性による、二人の出会いから、短くもお互いを思う結婚生活などについてつづられた手記がこのほど出版された。「恵恵(フィーフィー)日中の海を越えた愛」(恵恵、岡崎健太、付楠、文芸春秋刊、1400円=税別)。タイトルと、著者の一人としても名前がある中国人女性、恵恵さんは2004年12月に岡崎健太さん(37)と出会う。愛を育み翌年には結婚式の運びとなったが、婚約時に乳がんが見つかった。病苦を乗り越え挙式するが、恵恵さんは病気が再発し11年6月に帰らぬ人となった。

最初の反日暴動の年に留学生とOBとして出会う

恵恵 日中の海を越えた愛
恵恵 日中の海を越えた愛

   共著者として名前を連ねるもう一人、付楠(フナン)さんは恵恵さんの母親。岡崎さんは、恵恵さんが亡くなったあとも「恵恵に代わって彼女の両親の面倒をみたい」と、北京に残り、付楠さんと、付楠さんの夫であり恵恵さんの父親である詹明蘇(ジャンミンスー)さんと3人で暮らしている。

   岡崎さんと恵恵さんが出会ったのは、04年12月に兵庫県にある関西学院大学での留学生歓迎クリスマス・パーティー。同年8月には北京で最初の反日暴動が起きたばかりだった。

   恵恵さんは大学院の留学生として、同大OBである岡崎さんは、家がしばしば留学生を受け入れるホストファミリーを務めていた関係で、パーティーに出席していたという。それぞれが友人らといて、グループとなって合流。恵恵さんはのちに、岡崎さんに「あの日、私をみつけてくれてありがとう」と述べた、いわば運命のときだった。

   翌05年3月、恵恵さんは大学院を修了して卒業式に中国から両親を招き、岡崎さんの両親らとも会い婚約を整える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!