2020年 8月 5日 (水)

【BOOKウオッチ】
七夕に読みたい 日本人と宇宙の歴史

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

夢のような本当の話

宇宙エレベーターの本
宇宙エレベーターの本

『宇宙エレベーターの本: 実現したら未来はこうなる』

   恋人に「次の休みは、宇宙に行かない?」とデートに誘ってみよう。今なら、笑われて終わるが、2050年ごろには真面目な返事がもらえるかもしれない。大林組は2012年に宇宙エレベーター構想を発表している。宇宙と地球を結ぶ10万キロにおよぶ構造物とは、一体どんなものか。東京スカイツリーの何倍もの巨大建築をイメージしがちだが、計画では「カーボンナノチューブ」という素材でできた1本の細くて薄いテープのようなものがエレベーターの本体となる。アスペクトの『宇宙エレベーターの本: 実現したら未来はこうなる』(編・宇宙エレベーター協会、1728円)は、建設後の世界はどうなるのか、プロジェクトの最新レポート、田原総一朗氏や堀江貴文氏など著名人のコメントなどを紹介している。夢のような本当の話。この本を枕元に置いて寝たら、どんな夢が見られるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!