2020年 1月 19日 (日)

【書評ウォッチ】精巧な特撮技術プラス人間ドラマ ゴジラの原点は日本人の感性

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今年は「ゴジラの年」だそうだ。生誕60周年、アメリカ版映画の新作も公開された。精巧な特撮模型や人間ドラマという日本生まれ・本家ゴジラの魅力を『円谷英二の言葉―ゴジラとウルトラマンを作った男の173の金言』(右田昌万著、文春文庫)と『「ゴジラ」とわが映画人生』(本多猪四郎著、ワニブックスPLUS新書)が指し示す。日本映画人のすぐれた技術を示し、原水爆や平和への思いを静かに語ってくれる。【2014年7月27日(日)の各紙からⅠ】

破壊シーンも「わざと壊すんじゃないよ」

『円谷英二の言葉―ゴジラとウルトラマンを作った男の173の金言』(右田昌万著、文春文庫)
『円谷英二の言葉―ゴジラとウルトラマンを作った男の173の金言』(右田昌万著、文春文庫)

   現代の大都市を巨大怪獣がたたきこわす。パワーとスケールをこれでもかと見せつけるアメリカ版のもとにある日本版特撮映画は、細部にまでこだわった模型の街に、昭和の東京・品川駅や日劇をとことん正確に再現していた。初期は白黒画面だが、カラーを上回るリアリティがあふれていた。「技術自体がスターである映画を作ってみたい」という円谷監督の言葉に、納得するファンは多いだろう。

   限られた予算と、それもあって第一作は半年という短期間で作るしかなかったという。「まず『出来る』って言う。方法はそれから」「金に困ったら発明してたね」などの言葉は、現代人がどこかに置き忘れたしたたかさに通じる。

   破壊シーンも、ただ「わざと壊すんじゃないよ」の一言に戦争や文明への意志がこもる。水爆実験で地上に現れたというゴジラ出現の設定に反戦・反核や環境破壊に対する思想までを読みとるかどうかは、もはや観る側の問題だろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!