2021年 9月 16日 (木)

【BOOKウォッチ】
謎すぎて知らなかった イスラムの「普通の人」の暮らし

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

戒律の解釈は一人ひとり違うのです

一神教と国家
一神教と国家

『一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教』

   東京オリンピック開催が決定したころから、「ハラル」という言葉への注目が集まりだした。ハラルは戒律に違反していないことを意味し、いくつかの機関が国内の食品を審査して、「イスラム教徒が口にできる」と認証を行っている。認証が得られれば、16億人に向けて自社商品を売り込める!と期待する事業主は多いはずだ。だが、イスラム学者の中田考はこのハラル認証ビジネスに疑問を呈す。目の前の食品を食べてよいかどうかは、一部の機関が決めるのではなく、コーランなどを基に個人が判断するもの、というのだ。集英社の『一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教』(著・内田樹、中田考、821円)は、ハラルを含むイスラムの根本的な思考について、思想家の内田樹とともにわかりやすく解説した本だ。西欧によって線引きされた国家制度の限界や、同じ神を崇拝するユダヤ教徒との衝突について、日本人にはなかなか理解しがたいトピックについても熱く語る。若者に自宅を明け渡し、食事はいただきもので賄う、イスラムに則った中田のライフスタイルにも注目だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!