2021年 9月 17日 (金)

【BOOKウォッチ】
謎すぎて知らなかった イスラムの「普通の人」の暮らし

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

女性の後進性の象徴? いえ、自らすすんでかぶります

神のためにまとうヴェール
神のためにまとうヴェール

『神のためにまとうヴェール 現代エジプトの女性とイスラーム』

   フランスで公共の場で顔を覆うベールの使用を禁止する法律が2011年に発効され、物議をかもした。これは実質上、イスラム教徒の女性が髪や肌の露出を控えるために被る「ヒジャブ」を禁じたものだ。欧米ではヒジャブは女性の社会進出を拒む悪習としてとらえられてきた経緯がある。だが、20世紀後半から、エジプトでは女性たちが自ら進んでヒジャブを被る、新たなムーブメントが起きた。中央公論新社の『神のためにまとうヴェール 現代エジプトの女性とイスラーム』(著・後藤絵美、3996円)はこの現象について読み解く一冊。エジプトやインドネシアなどでは、人気ブロガーがデザイン性のあるヒジャブや新しい巻き方を紹介している。ファッションとして、ヒジャブを積極的に楽しむ女性の姿に、伝統や宗教を受け止めながら新たなスタイルを生み出すたくましさを感じる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!