2021年 9月 20日 (月)

【BOOKウォッチ】
ちょいワルでなく、本格ワルから学べるもの

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

海賊は世界史のなかで欠かせぬ存在

海賊と資本主義
海賊と資本主義

『海賊と資本主義』

   ドイツの高速道路アウトバーンが、かなり早い時期からドイツ国内を縦横に整備されているのは、ナチスドイツの軍事的戦略があったからだという話がある。ヒットラーという負のイメージが強い為政者であっても、プラスに転嫁できるものを残してきたという事実は存在するわけ。かなり乱暴な表現かもしれないが「明治維新も徳川幕府からみればテロ」という評論家もいる。「勝てば官軍、負ければ賊軍」という常套句があるが、ものごとは「表側」だけでなく「裏側」あるいは「上」「下」「斜め横」いろいろな角度からみれば、全く違うものに見えたり、これまで見えなかったものが見えてきたりする。

   『海賊と資本主義』(阪急コミュニケーションズ、著・ロドルフ・デュラン、ジャン=フィリップ・ベルニュ、訳・永田千奈、解説・谷口功一、2160円)は一般にアウトローと思われる「海賊」が、じつは世界史のなかで、大きな役割を果たしているということを、アカデミックに紐解く本である。

   「国家とせめぎ合いながら『海賊組織』が資本主義のグレーゾーンから生み出した、ラジオ、電話、インターネット、遺伝子工学、宇宙開発...etc」帯裏に書かれた文言を見るだけで、へえ、そうだったんだとさらに詳しく知りたくなる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!