2018年 5月 25日 (金)

六本木ヒルズ森タワー屋上で「皆既月食」観察会、10月8日

印刷

   森ビルは2014年10月8日、14年最大の天文現象"皆既月食"の観察会を、六本木ヒルズ(東京都港区)の展望台「東京シティビュー」で実施する。

海抜270メートルの高さから

森タワー屋上「スカイデッキ」からの眺望(イメージ)
森タワー屋上「スカイデッキ」からの眺望(イメージ)

   天文学の専門家の解説とともに、満月が地球の影の中に完全に入り込む"皆既月食"や季節の星を見ることができる。森タワー屋上「スカイデッキ」での開催となり、肉眼でも観測できる11年以来の"皆既月食"が、海抜270メートルという都内随一の高さから楽しめる。時間は午後6時~午後10時。イベントへの参加は無料だが、スカイデッキまでの入場料(一般2000円)が必要となる。

   また、秋の夜長に月や星空をより楽しんでもらおうと、毎月第4金曜日にスカイデッキで実施されていた「星空観察会」(参加無料)が、9月と10月は毎週金曜日に行われる。こちらも天文学の専門家の解説付き。時間は午後7時~午後9時。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中