あなたの「ミュージアム通」度を測る「インターネットミュージアム検定」、記者もチャレンジしてみた

印刷

   美術館や博物館などへの造詣の深さ、いわば「ミュージアム通」度合いをネット上で測定できる「第1回インターネットミュージアム検定」が、2014年11月25日から公開中だ。

   全国の美術館・博物館にまつわる3択問題×20問に挑戦し、1問5点で全問正解なら100点満点のところ、80点以上を獲得すれば「通」としての認定証を発行してくれる。文系男子として、美術館などにもそれなりに通ってきた(つもり)の筆者も、ミュージアム通の称号を目指して挑戦してみた。

  • 「インターネットミュージアム検定」トップページより
    「インターネットミュージアム検定」トップページより
  • 「インターネットミュージアム検定」より
    「インターネットミュージアム検定」より

結構手強い問題も...

   まず第1問。

   「東京国立博物館は何区にある?」

   えーと、トーハクは上野だから......台東区! よし、幸先よく正解だ。これなら80点ぐらい、結構イケるのでは――

   と思いきや、第2問がいきなり、

「埼玉県立自然の博物館にある、1500万年前の巨大ザメの模型は?」

   な、なんだそれは!? 一応三択で候補は出て来るものの、まったくわからない......当然、不正解。その後も、

「時々間違えてしまう、○○県立博物館と、○○県博物館。次のうち、館名が正しいのは?」

などなど、かなり手強い問題が次々と登場する。

我こそは!という人がいれば

   そして20問を終え、結果は残念ながら60点で認定証ゲットならず。うーむ、残念。

   なお運営する丹青社(東京・台東区)によれば、見事満点で合格した人には、特別バージョンの認定証を発行してくれるという。問題を入れ替えての「第2回」も計画中とのことだ。

   ウェブサイト「インターネットミュージアム」で公開されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中