醤油を手軽に幅広く使える粉末タイプに 京都の料亭がの自慢の粉しょうゆ発売

印刷

   京都の老舗料亭 下鴨茶寮(京都市左京区)は、料理長が店で使うために考案した粉状醤油調味料を2015年1月より「料亭の粉しょうゆ」として発売する。

  • 風味豊かな粉末醤油 「料亭の粉しょうゆ」
    風味豊かな粉末醤油 「料亭の粉しょうゆ」

老舗の味 ゆず香る風味豊かな醤油が新ジャンル調味料として粉末になった

   14年7月から京都の店舗限定で販売を行っていたが、反響が大きかったことをうけ本格発売することとなった。250年以上続く香川の名門、宝暦3年(1753年)創業の老舗醤油舗「かめびし屋」の3年醸造醤油を使用しており、凝縮した旨みと柚子と一味のバランスが料理を引き立てる。洋食やスイーツ、ご飯のお供にもアレンジができ、揚げ物などもサクサクのまま。

   料亭の粉しょうゆ(大1袋単品)は価格が303円(税込)で、他小袋タイプやギフトセット、トラベルセットがある。下鴨茶寮本店料亭、下鴨茶寮 ジェイアール京都伊勢丹B1店、下鴨茶寮 新宿伊勢丹店、京都駅周辺おみやげ売店、オンラインショップ(http://www.shimogamosaryo.co.jp/shop/) で購入可能。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中