2020年 12月 5日 (土)

年賀挨拶・新年会にちょっとシャープな「ヒツジ」ネタ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「迷える羊」などという表現もあるので、なんとなく、か弱いとか、やさしいというイメージを抱きがちだが、じつは世界にはヒツジを平和や前途洋々、希望のシンボルとみなすところが多いよう。それに未(ヒツジ)年の「未」は「木」の上にこれから成長していく小枝「一」が乗っている希望を表す漢字なのだ。

   未年の2015年が明るい未来につながることを期待しつつ、新年第1回の「BOOKウォッチ」は「未(ヒツジ)」をテーマに3冊ピックアップ。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

  • ひつじがすき
    ひつじがすき
  • 未歳生まれは、超運すぎる人
    未歳生まれは、超運すぎる人
  • 東京ラムストーリー
    東京ラムストーリー
  • ひつじがすき
  • 未歳生まれは、超運すぎる人
  • 東京ラムストーリー

知ったかぶりができる、ヒツジ入門書

   『ひつじがすき』(著・佐々倉実、佐々倉裕美、1280円、山と溪谷社)は、ヒツジのあれこれが満載のヒツジ入門書・ヒツジ事典だ。

   「ふわふわで真っ白だけとは限らず、黒や茶、ブチもいる」といったヒツジの種類の話から「草を食べるだけで人に大いに役立っている。草は食べるけれど、引き抜いて食べないので次につながる」といった命の循環のお話。それにヒツジの歴史、ヒツジを扱った文学、絵本、衣食住にかかわる雑学、ヒツジを上手に写真に収めるテクニック、羊飼いになる方法までもが事細かに紹介されている。

   アカデミックな学術書ではないので手軽に拾い読みができ、未年の年賀挨拶、新年会の話のネタ帳としてもおすすめだ。春夏秋冬、かわいいヒツジの写真がいっぱいで、眺めているだけでも癒される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!