2020年 10月 29日 (木)

卵じゃなく、コロンブスのイチゴ!? 意外なイチゴのお話

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

40年たった今でも版を重ねるロングセラー

   『いちご』(著・新宮晋、1572円、文化出版局)はイチゴの成長を四季の移り変わりを通して描いた絵本。イチゴはひと口で食べられるほど小さいけれど、大きな自然から生まれ、イチゴが甘くておいしいのは、厳しい冬を知っているから...。

「太陽が金の雨を降らせる」
「イチゴには北極がある。南極がある。その間には金の鋲が打ってある。」
「赤い実のまん中には 太陽のとどかない白いつめたい世界がある。」

   ちょっと哲学的なすてきな言葉が随所に散りばめられていて、それがすべて日本語だけでなく、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語の翻訳付き。小さなイチゴが大きな地球や宇宙に見えてきて、元気な気持ちになれる不思議な絵本。

   最初は子どものために、つぎは孫のために買って読み聞かせたという読者によるレビューがあるが、小さな子どもだけでなく、いろいろな世代の人に愛されているロングセラーだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!