義理チョコならぬ「義理シャン」 バレンタインデーにスカルプシャンプーを送る新提案

印刷

   ヘアケア商品の製造・販売を行うメソケアプラス(東京都港区)は、2015年のバレンタインデー(2月14日)には頭皮ケアのシャンプーを贈ろうというプロモーション「メソケアで、バレンタインには義理シャン!」を行っている。

  • バレンタインにはシャンプーを
    バレンタインにはシャンプーを

「言いづらいことをいってあげることこそ、義理だと思う。」

   メソケアプラスが「義理シャン」用にプロモーションしているのは「メソケア+(プラス)」。同製品は、発毛治療の専門医である銀座総合美容クリニックの正木健太郎院長の監修のもとに作られた、石鹸由来のスカルプシャンプーシリーズ。天然のヤシから生成した素材を使っており、頭皮への優しさが特徴。過度な皮脂の除去を避けつつ汚れをしっかり洗浄する。

   キャンペーンでは、バレンタインデーに女性から男性へ義理チョコならぬ「義理シャン」として、メソケアプラスを贈る新提案を行っている。キャンペーンにあたり、東京メトロ秋葉原駅にオリジナルポスターを掲示する。かわいらしい女の子のイラストに、「言いづらいことを言ってあげることこそ、義理だと思う。」「怒られても大丈夫。だって義理だから。」といったちょっと心に刺さる刺激的なコピーが目を引く。また、特設サイトでは、ポスターと同じ柄の義理シャンカードとスマホ待受けも無料ダウンロードできる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中